【研究】失明に人工視覚、白い光「見えた」…国内初 2chまとめぴーぺ

2chまとめぴーぺ

政治・韓国・中国などからVIP・喪女・芸能ニュースなどを管理人の気分でまとめています

【研究】失明に人工視覚、白い光「見えた」…国内初

1: 出世ウホφ ★ :2010/12/05(日) 03:13:53 ID:???0

大阪大大学院医学系研究科(大阪府吹田市)の不二門尚(ふじかどたかし)教授(感覚機能形成学)、神田寛行助教らの研究グループは、
網膜の異常で失明した「網膜色素変性症」の患者の網膜を、微弱電流で刺激し、視力を回復させることに成功した。

 6人中5人で効果が確認され、目の代わりとなる小型カメラでとらえた光の動きを追うことができた人もいた。
国内で「人工視覚」の成功例は初めて。不二門教授は「数年以内につえなしで歩けるようにしたい」としている。

 目の構造をカメラに例えると、角膜、水晶体がレンズ、網膜がフィルムにあたる。健康な人が見た映像は、電気信号に変換され、
網膜、視神経を経て脳の視覚野に送られ、「見える」ようになる。しかし、網膜色素変性症になった人は、
網膜の視細胞が徐々に消失するため、信号が視覚野へ届かなくなって光を失っていく。

 不二門教授らは、患者の網膜の外側の強膜の中に、刺激電極のチップ(7ミリ・メートル四方)を装着。チップから微弱電流を流し、
眼球内に埋め込んだ帰還電極にあて、返ってきた電流で網膜内にわずかに残った神経細胞を刺激する方法を考えた。

 2005年秋と08年春には、計4人にチップを装着。手術中のわずかな時間に光の刺激を与えたところ、3人が光の方向を判別できた。

 今年4〜7月には、失明して10年以上になる女性2人に1か月間チップを装着しCCDカメラをおでこにつけてもらった。
カメラで取り込んだ画像情報は、体外の装置で電気信号に変換され、体内装置を経て、強膜内のチップに送られた。

 千葉県の女性(67)はパソコンの黒い画面上に不規則に現れる白色の棒をカメラで見て、位置を指さすことができた。
女性は「闇の世界でしたが、白い光がはっきり見え、棒の位置を追えました。光が見えるというのは素晴らしい」と話す。

読売新聞 12月5日(日)3時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000970-yom-sci


元スレ:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291486433/



110: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 06:18:05 ID:z3fVWDNi0

>>1
これは凄い!!
この技術を使えば、富士山麓の廃トンネルで首吊りを掛けたババ抜きを行っても、百戦百勝だよね!!!!

3: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:16:03 ID:x6zta/jd0

おでこにカメラ埋め込むとかハンパねぇなw
日本の科学力は世界一イイイイッ!

15: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:24:11 ID:MNaQHTMy0

手術中に光の刺激を与えたって、こういう手術は全身麻酔じゃないのか?

63: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:53:59 ID:PWaRpTbE0

>>15
脳を弄る時でも患者に意識があって、
視覚の具合を「これならどう?じゃあこれでは?」なんて確認してるのをBBCで観た事がある

16: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:24:46 ID:N1zuWWYC0

寝てても外の世界が見えるのかな。

18: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:25:18 ID:3hfdYMNr0

そのうちドット絵で見えるようになるとかなると面白いんだが。

26: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:29:11 ID:XC7oErqC0

>>18
以前からそういう実験は行われてる。
解像度はまだ低いみたいだけど。

19: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:25:28 ID:leGN4PZO0

スティーヴィー=ワンダーが一言

42: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:34:47 ID:uYR1m9240

>>19
シェリーの顔が見られるようになって嬉しいよ。

22: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:27:40 ID:tdv+rj/QP

先天的に目が見えないとやっぱ無理なんだろうな

27: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:29:15 ID:hXinj9MgO

最初からハイビジョンカメラにしてやれよ…(笑)

44: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:35:19 ID:tdv+rj/QP

>>27
あんまりデータ量が大きいと転送しにくいんじゃねーの?

46: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:36:21 ID:OgVSBR4V0

>>27
視神経に変換してやらにゃならんから
まだ小型化に限度があるんだって話じゃなかったっけ?

30: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:30:05 ID:99JdxQhx0

そして有機物が無機物に、無機物が有機物のように知覚されるようになり
無骨なロボットに恋をするんだな

91: ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2010/12/05(日) 04:56:03 ID:VkcUgY5bP BE:795285277-2BP(1700)

>>30
火の鳥か。
そういうこともあるかも知らんな。

119: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:07:59 ID:lNHG1bEh0

>>30
チヒロか。ナツカシス

32: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:30:25 ID:HToskvA00

網膜が残っていることが前提なのね

33: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:30:27 ID:8olX5vXT0

これを貼れと言われた気がした。

35: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:31:38 ID:N1zuWWYC0

3D映像なんだろうか。

37: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:32:14 ID:knm6HMuD0

受光センサーと神経をつなぐコネクタの規格が乱立するようになるんですね、わかります

39: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:34:04 ID:yrr+8i+40

糖尿病性網膜症でも使えるようにしてください
おねがいします
割と真剣

48: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:36:38 ID:fJtNVRWP0

>>39
糖尿病性網膜症だと神経節細胞あたりから死んでるんじゃねーの?
大脳皮質に直接入力しないとムリだろ.

43: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:35:14 ID:oatNP9lJ0

海外じゃ電脳チップが開発されてんのに日本は遅れてんな

51: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:39:23 ID:XC7oErqC0

>>43
日本だと、この手のものは臨床試験へのハードル高そうな気がするんだが。

54: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:44:40 ID:ABD/4rOj0

20年ほど前のハンディカメラの画像は酷く荒くて見えたもんじゃ
なかったな。それが時代の進歩と共に鮮明に写るようになった。
この技術も20年ほどたてば同様に鮮明に写るようになるかもね。

55: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:46:36 ID:1R/s1ZCM0

塗るだけで、黒くて細い糸が皮膚からたくさん出てくる薬を発明して欲しい、、、

56: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:48:00 ID:YYkn312C0

>>55
切実だなw

57: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:48:12 ID:sR+/NkvA0

日本遅れすぎだな。
海外じゃ5年以上前にやられてるし。

58: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:48:17 ID:XJ0RtqqE0

10年以上前にテレビで
全盲の人の目に、本人の臼歯で作ったカメラを埋め込んで人工視力を作ったってのをやってた。
目の中に歯があるのはグロだったけど、人間の姿を初めて見た本人は
「思っていたのと少し違いました」
海岸に立って「これが海なんですね・・・」と言ってた。

手術の詳細を知りたくてググッても、このページしか見つからない。
http://meimai.cocolog-nifty.com/twgt/2010/05/post-dc58.html

”改良オステオオドント人工角膜移植手術”、
聞いたことがあるという方、いませんか。

120: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:08:06 ID:JDOT+hA80

>>58
それはちょっとおかしいね。

生まれついての全盲の人が仮に目が見えるようになったとしても
視覚情報の意味がまったく理解できないので、わけがわからないんだよ。
例えて言えば日本人が日本語の文章を見ればすぐに意味がわかるけど、
アラビア語の文章を見てもわけがわかないようなもので、
「見える」という概念そのものがない生まれつきの全盲者には
まったく視力情報が理解ができない。

156: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:28:38 ID:0yEyuDHE0


64: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 03:54:21 ID:exSvhyzk0

アメリカでこれの実験中に主任研究員が死んじゃって
中途半端の状態で放置された人がいた…

68: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:07:08 ID:HToskvA00

>>64
アメリカの医療が進んでるっつーても、
プライベートに近いかたちで臨床が行われるからで。
しかしこの場合、キーマンに何か起きると頓挫しちゃうんだよねぇ

日本では臨床の前にハードルがあるんで、放置されることはまずない。

79: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:25:50 ID:yoYbcxIw0

>>64
それポルトガルやろ
なんか見た記憶があるわ

67: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:05:31 ID:8olX5vXT0

なんかすごいな

69: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:07:19 ID:6Jhbkvpr0

俺は失明してから三年経つんだけどこれはいいニュース
10年後くらいはもっと進歩してるんだろうな

73: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:12:16 ID:Y0BOFGXO0

>>69
片目なのかジョークなのか解らない

75: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:20:05 ID:Jf4m/ZPAP

>>73

テキスト読み上げソフトを使ってPCを使う全盲の人もいるそうだ。
もちろん>>69はジョークで言っているのかもしれんが。

87: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:42:47 ID:fv/RviSJ0

>>75
今みたいにFlashがなくて、文字中心のネット時代は
かなり全盲の人にもフレンドリーなシステムだよね<インターネット

そう考えると、未だに文字だけシンプルな2ちゃんはかなり前時代的なのかも
AAとかはだめだけどw

70: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:07:55 ID:1XGZw2uM0

じゃあジョーディはなんであんなぶさいくなゴーグルをはめてたんだ?

72: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 04:10:07 ID:HToskvA00

>>70
ああいうギミックでキャラクターの色づけをしないと、
低年齢の視聴者には判別しにくいからだろう

103: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 05:26:45 ID:uYR1m9240

SFは結構好きだけど、感覚神経と運動神経だけの話のような気がするわ。
攻殻機動隊にしても。
よく知らないから想像で書くけど、脳へのフィードバック(液性はあるか?)含めて、
自律神経系は複雑すぎてシミュレートできない様な気がする。

104: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 05:27:42 ID:wwM9ArV90

はっきりいって、この技術は未来がない。

盲目の人には、何か光ったというだけで嬉しいのかもしれんが、所詮、何かが光った、それだけだ。

視神経に複雑な信号など送れない。100年後でも似たようなもんだよ。この技術は。


105: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 05:44:24 ID:Y9A1y3Cz0


 外国では既に結構ちゃんとした映像が見えてるらしいぞ

 日本は遅れてるな

106: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 05:58:05 ID:py0ypwER0

ターミネーターみたいになるんだな。今後の人口網膜の進化に期待する。

107: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 05:58:41 ID:nQ3S1Ycl0

おれ片眼失明と片方もやばい、

半端にみょうなものが見える恐怖とストレスが解ってないな、こいつら

113: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 06:28:20 ID:ZjxAvyhq0

>>103>>104
俺はそんなに難しいこととは思わんが?
デジタル化したした視界を視神経にきちんとしたフォーマットで伝達できればいいんだろ
既に脳の思考は可視化に成功しているわけだから
気の遠くなるほど未来の話とは思えん

>>107
こいつらって開発してる人間に言ってるの?
そんな考えだからまともに人生過ごせてないんじゃないの?
あんたも完全に見えない人間の恐怖と絶望がわかってない気がするんですけど

121: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:18:26 ID:otYH3Dk5P

何かと全盲の花屋の少女の面倒みて、手術代も援助したのに、
手術してからは名乗り出ず

数年後、何かの拍子に手が触れ合ったとき、
「・・・あなただったのね」 「目、見えるようになったんだね」
そんな海外ドラマがあった よかったよ

124: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:32:08 ID:kzWHbg4IO

>>121 チャップリンだな

153: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:05:51 ID:otYH3Dk5P

>>124、>127 サンクス

>125-126
数年前、手術で目がみえるようになった夫の世話をする
妻の面白はなしが話題になった スレも立ったと思う

リハビリのため街中を夫婦で散歩するんだけど、
夫が「あれはおんな?」とか奇天烈な質問をしてくるそうだ

夜の生活でも、妻の体のパーツに、とても興味があって、
探究心旺盛なんだとか。微笑ましい記事ではあった

いきなり目が見えるようになったら、そうなんだろうねえ

127: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:34:38 ID:zsTxhttm0

携帯カメラでさえ1000万画素いってるんだから、それを変換できて転送すればいいんでないの

>>121
チャップリンの「街の灯」だろ

125: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:32:16 ID:xeIXFZJx0

俺は蒼白い光を見たんだが

126: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 07:33:22 ID:kzWHbg4IO

>>125 白内障だな

139: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 08:37:23 ID:vGJqoqRO0

現実世界がアニメに見えるやつ頼むわ

152: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:05:36 ID:euDG9AOdO

>>139
谷亮子も美少女に見えちゃうんだぞ?

149: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:03:59 ID:yKE73dHrP

15年くらい前に。スティーヴィー・ワンダーがこの手の手術受けたとかという
ニュースがあったけど、視力が回復てないみたいだから失敗したんだろうな

150: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:04:02 ID:Ezw8h6Ft0

赤外線暗視装置付きサングラスは既にあるぞ

151: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:04:58 ID:xyH+PJy40

RD潜脳調査室思い出したわ

154: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:16:12 ID:s7dcMOa3i

オプティックブラストが出るようにしてください

157: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:38:49 ID:QPK2Ypmj0

将来「野郎、俺たちの目を盗みやがった!」なんていう被害が出るわけだな

158: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:45:11 ID:CT/6SwRh0

目にカメラを埋め込めたら、盗撮し放題だな。
いつが実現しないかな。

風チラも、階段を見上げた時のパンチラも、電車内の対面パンチラも、
自分が見た瞬間に盗撮ビデオの出来上がりだもんな。

160: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:49:31 ID:rHiEkP7Q0

バトーさんならともかくスコープ鶴崎になる可能性もある訳か

161: 名無しさん@十一周年 :2010/12/05(日) 09:50:59 ID:JMl4un+M0

IPS細胞とかES細胞で自由に器官、組織、細胞が作れれば、
この機械と体の残存機能とうまく統合して、もっと洗練したものが
作れるようになるかも。

誰だって将来失明するかもしれないから、仕訳しちゃだめだぜ。
うまくいけば莫大な外貨も稼げる。

オススメ記事
関連記事
にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
[ 2010/12/05 17:05 ] ニュース 医療・介護 | CM(2)
8014 : 2010/12/05 19:58
需要はあるから研究を進めるべきだな
[ 編集 ]
8023 : 2010/12/06 00:49
スティービー・ワンダーが10年くらい前に試してたよね。
日本の医療はおくれてるんだね。
[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
その他新着記事
人気記事ランキング